即効アンチエイジング法※食材や食事
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

サンブロックは完璧に!

最近はテレビ・雑誌で“紫外線”の特集がよく組まれますよね!

ですから、紫外線の害については
(しみ・シワ・肌の老化)などの
老化の原因とされていますよね?

そこでクイズです。

Q1:家の中に居れば日焼け止めは必要ない
Q2:SPFが高ければ効果的である
Q3:日焼け止めの量は気にしたこと無い

いかがですか?全て”YES”ではないですか?

ちょっと前の私なら全てYESと答えています・・・

A1:おうちにいれば紫外線はあまり影響が
無いようにおもわれます。

が・・・もし窓の近くに長時間いると・・・・
以外にも日焼けします。

ガラスは紫外線を通してしまいます。

車に乗る方はわかるかと思いますが、
夏、窓側の腕が日焼けしませんか?

A2:日焼け止めの防止効果の指標に
“SPF”と“PA”があります。

SFPとは紫外線のB波(日焼けして赤くする)
を防止効果を表す指標です。

紫外線を浴びた際にできる赤い斑点が出来るまでの時
間を何倍に長く出来るかを表したものです。

例えば赤い斑点が現れるまで20分くらいかかる人が
SPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、
20×30=600(分)。1

0時間くらいの日焼け止めの効果が期待できる
という事になります。

PAは、紫外線のA波の防御効果を表す指標です。

SPFは肌が赤くなる原因を防ぐのに対して
PAは黒くなる原因を防ぎます。

PA+(防御効果がある)、
PA++(かなりある)
PA+++(非常にある)

となっています。

という事は・・・SPF数値が高くって、
+++のヤツを使えばいいじゃん!と思いますよね?

しかし!!肌への負担が大きくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。