即効アンチエイジング法※食材や食事
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

顔は洗いすぎない!

へっ?何いってんの?

そんな声が聞こえてきそうです。

少し前までスキンケアの常識は
「洗顔第一主義」ですものね。

つい最近まで、皮脂腺から分泌される皮脂が肌を、
乾燥から守っていると考えられてきました。

皮脂は紫外線や酸素によって酸化するので、
汚れとともによく洗い落として代わりに
オイルやクリームを塗る事がスキンケアの常識
とされてきましたからね。

でもね・・・

皮膚を乾燥から守る効果は
98%が細胞間脂質と天然保湿成分
(NMFと呼ばれる)で皮脂による保湿効果は
1〜2%程度なんです。

「サイボウカンシシツ(細胞間脂質)ってなに?」

皮膚の細胞が細胞間に分泌するセラミド
(最近良く聞きますよね?)
を主成分とする脂質成分です。

「てんねんほしつせいぶん(天然保湿成分)ってなに?」

ズバリ!皮膚の新しいアカ(垢)!

皮膚の細胞が死んで垢になって脱落するまでの数日間に
死んだ細胞が熟成してできるアミノ酸を主成分とする
新しい垢なんです。

この2つの成分をこそぎ落とさないようにする事が肌
を若く保つコツ!

というわけで、お顔はキュキュと言うまで洗っちゃダメ!!

じゃあどうすればいいの?

この2つの成分をこそぎ落とさないようにする事
が肌を若く保つコツ!

じゃあ・・小難しい事は解ったから実際どーすんの?

って言いませんでした?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。