即効アンチエイジング法※食材や食事
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

散乱光も私たちを狙っている

夏の晴天時では、正午ごろは散乱光が、紫外線量の約60%を
占めるんだって。

日陰に入っても散乱光などによって、
日向での50%は紫外線を浴びている
ことになるとのデータもあるそうで、
直射光同様に手ごわい相手だね。

空が見えているところでは想像以上に紫外線を
浴びているんだって。

雪山での照り返しは、アスファルトの
なんと8倍
紫外線には、直射光と散乱光のほかにもう一つ
反射光がありあるんだっ

反射光とは、直射光が、地面で反射したもののことで、
反射率は、地表面の状態によって変わるんだって。

アスファルトの場合、紫外線反射率は約10%だけども、
水面や砂浜では10〜25%。

それにたいして、雪山ではなんと80%という驚異的な数に!!!!

また、反射率が大きいところではその分、
多くの紫外線が大気中に跳ね返る
ため散乱光も多くなり、浴びてしまう紫外線量が大幅にアップ
しちゃうんだって。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。