即効アンチエイジング法※食材や食事
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

生理前や妊娠中は紫外線の影響をとても受けやすい!!

生理前や妊娠中またはピル服用しているときは、
体内には女性ホルモンが多くなるよね。

女性ホルモンの中の黄体ホルモンには紫外線の感受性をめ
る作用があって、シミができやすい状態になるんで、
普段よりもしっかりと紫外線対策する必要があるよ。

ストレスや不規則な生活などでホルモンバランスが崩れることでも
シミのリスクが高めちゃうよ。

このほか抗生物質の中には、紫外線感受性を高めるものもあるので、
十分確認してから使おうね。

7、夏は朝から紫外線がたっぷりあふれている!!

紫外線量は季節によって変動があって、4月〜9月で1年間の
約70〜80%を占めているんだって。

時間帯では、午前10時〜午後2時の間に最も多く、
すべてのピークは正午ごろだって。

夏の紫外線量は冬の3〜4倍にもあたるんで、
夏場は朝のうちから紫外線対策が必要だね。

ゴミ出しや立ち話、洗濯物干しなど、
外出ではないようなちょっとしたことで
も、かなりの紫外線を浴びるので注意が必要だよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。